子育て

キッズ携帯をPOVOで安く。契約しての感想。おすすめの理由。

*当サイトはプロモーション広告が含まれています。

小学2年生の長男くん。もうすく3年生になるので土日に子供達だけで出かけることも多くなりました。

それで先日auの会社が出している格安携帯のPOVOを契約したのですが、これがめちゃくちゃよかった。

通話等使わない月は完全な0円。かなり家計に優しい!

公式サイト。https://povo.jp

同級生のママさんからも、やり方教えて!っと好評だったのでさらに後日談としてお知らせしておきます。

Haru

このpovoで使用するキッズ携帯については、私も以前から色々調べてたどり着いた方法だったのでぜひ試してほしいです。

ちなみにpovoの紹介コードは【LRCX9M7O】ですのでよかったら使ってください。3日間100GB使えるデータボーナスがもらえます。

povoをおすすめする理由。

povoを契約して数日で書いた記事はこちらです。

POVOで子どもに携帯を持たせてみた。キッズ携帯
紹介コードあり。楽天miniやHandを使って格安SIM。POVOで子供携帯を契約してみた。

先日、携帯を子供に持たせるべきか、GPSを持たせるべきかを述べましたが、この度、子供の携帯を契約いたしました!! キッズ携帯にすべきかとても悩みましたが、これがとても良かったので記事にすることにします ...

まず、povoがキッズ携帯におすすめな理由としては、

  • 月々の料金が安い。
  • LINEができる。
  • google family linkで色々管理できる

っという点が、特に優れているからです。

月々の料金が安い。

POVOの契約自体が、データのトッピング制。必要な分だけ都度購入して使用するものになります。

っということは、GBが必要なかったら毎月データを購入しなくていいんです。なので、月々0円で携帯を持つ事が可能になります。

しかし、条件として半年間トッピングをしなければ解約というデメリットがありますので注意。でも、たった半年に1回データを購入するだけでいいというメリットとしても受け取れます。

そう、データを購入しなければ、子供が外出時にネット検索できなくなりますよね。これがある意味便利なんです。

もちろんネットが使えなくても、通話は通話の回線を使用するので22円/30秒で通話できます。povoには基本料はないので、もちろん通話にかかった分だけのお支払いです。

LINEができる

キッズ携帯を持っている保護者の人が、我が家の子供携帯をみて、『え、それLINEできるの??』っと確認してきます。

そうなんです、キッズ用携帯として使っているだけで、ごくごく普通の携帯電話。電話もできるし、LINEだってダウンロードして普通に使用できます。

しかもデータ購入をしていなくても、LINEの通話程度であれば通信が可能。(128kbps のデータ通信が使えますので、LINE通話とLINEメッセージ程度であればは使用できます。)

そのため、電話を電話回線でなく、LINEで利用するとさらに月々の通話が0円になり、負担がなくなるのです。何より、スタンプも送れて楽しいようです。

google family link で使用制限が可能。

よく言われるのが、『普通の携帯なら、勝手に使われそうで心配。気づいた時には勝手にアプリとか入れられてそう。』っという声。

大丈夫です。

アプリをダウンロードしようとしても制限をかけて使用できないようにする事だって可能。

https://families.google/intl/ja/familylink/

さらに、子供に携帯を持たせる意味として特に大切なのが現在地の確認や、そして使用時間の制限ができること。

それも、googleのfamily linkを使えば携帯の使用時間も設定できるし、現在地だって確認できる。

しかもすごいことに、これが無料で使用できるんです。

もう、本当に色々とびっくり。いや、もうこれ色々考えたらpovo一択なんですよ。(私の一意見ですけどね)

数ヶ月使ってみて、不満0です。早く出会いたかった!契約しておくべきだった!

契約するために必要なもの。

契約するために必要なのは、身分証明書(親で契約するので親の身分証明)と、子供に持たせる用の携帯電話。

携帯電話は対応機種がありますが、古くなければそんなに心配することありません。

https://povo.jp/product/?gid=povo-top-head-012 公式サイトで対応機種を確認しましょう。

我が家は楽天handが軽くて小さくてキッズ携帯ぽいので現在はそちらを使用しています。重いと子供は持ち歩くのを嫌がりますから。

楽天miniはバッテリーの持ちがそんなに良くありませんが、子供が遊びに行く数時間のみの使用なのですごく用途にあっています。

学校等に持っていく人には毎日充電必要なのでお勧めできません。

もちろん、使わなくなった自身の携帯でもいいですし、中古で安いのを買ってもオッケーです。

そして、手順は前回のブログに記載していましたが、親のスマホでpovoアプリをダウンロードする。これがキッズ携帯用で使うならぜひやって頂きたいことです。

POVOで子どもに携帯を持たせてみた。キッズ携帯
紹介コードあり。楽天miniやHandを使って格安SIM。POVOで子供携帯を契約してみた。

先日、携帯を子供に持たせるべきか、GPSを持たせるべきかを述べましたが、この度、子供の携帯を契約いたしました!! キッズ携帯にすべきかとても悩みましたが、これがとても良かったので記事にすることにします ...

そうすることにより、子供が勝手にインターネットができるようトッピングを購入することもありません。トッピングできるアプリが親の携帯にダウンロードしたpovo アプリから管理できますので。

ね、いいと思いませんか??

契約後、かかった費用。

契約してからの費用についてですが、契約事務手数料は発生しないため、今まで払った額は、66円の通話料と、キャンペーン中でどうしてもお得で買いたかった198円で街カフェのカフェラテM+データ1ギガがついたプランのみ。

カフェオレ欲しさ+お得さに惹かれましたが、それを買わなければ3ヶ月で66円しか払っていません。

すごいですよね。

半年に一度はトッピングを購入しないと自動解約になってしまうので、お得なトッピングキャンペーンがちょこちょこあっている時にトッピングも楽しんでいけたらなと思います。

povoをキッズ携帯にしてみたその後。

いかがでしたか??私はキッズ携帯ではなく、povoをキッズ携帯の代用品として契約をしましたが、結果的にめちゃめちゃよかったです。

友達同士でlineをさせたくないご家庭には向いてないかもしれませんが、lineをするようになってきたら是非おすすめしたいなと思っています。

Haru

携帯を用意し、povoを契約するだけ。難しいかなと思いきや、契約まではスムーズで、簡単でした。

色々出費抑えられるところは抑えていきたいですからね。