おでかけ

鳥栖の川遊びはどこがおすすめ?プール・川遊び情報2024

*当サイトはプロモーション広告が含まれています。

夏になるとプールや水遊びにいきたくなりますよね。

ここでは佐賀県の鳥栖・三養基地区でおすすめのプール・川遊び情報、また混雑状況やアクセスについてご紹介していきます。

鳥栖の川遊びはどこがおすすめ?

滑り台があり大変人気だった鳥栖市の市民プールは令和5年に老朽化のため閉鎖されました。

そのため、鳥栖は川遊びができる場所が多いです。

川遊びの施設は、価格も無料が多いので利用しやすいメリットがありますね。

※大雨や雷の時や川の水が増水した時は、危険ですので中止になることも多いですので行かれる際はお気をつけください。

四阿屋(あずまや)遊泳場

読み方が難しいですが、四阿屋はあずまやと読みます。

鳥栖の山に入る手前になります。駐車場も無料ですが、駐車場近くの道は大変狭いので注意してください。

鳥栖でも大変人気の河川プールで、夏場になると駐車場はパンパンでなかなか停められないことも。

小学生の高学年の子でも楽しめる河川プールなのでおすすめです。

  • 開設期間:まだ載っていませんでしたが、去年は令和5年7月15日(土曜日)~令和5年8月31日(木曜日)
  • 利用時間:8時30分から17時まで
  • 利用料金:無料

河内河川プール

こちらも先ほどの四阿屋同様、鳥栖で人気の河川プールになります。

こちらも今年の開設期間は書いてありませんでしたが、去年は令和5年7月15日(土曜日)~令和5年8月31日(木曜日)から空いていましたので、今年も7月15日からの可能性が高いです。

  • 利用時間:午前9時30分から午後4時まで
  • 利用料金:無料
  • トイレ・駐車場あり。

9時半からですが、早く行きすぎるとまだ川の水が溜まっていないことも。

駐車場も61台と広いですので10時くらいだとおすすめです。

駐車場が満車の時は、コカ・コーラ ボトラーズジャパン鳥栖市民の森の駐車場も利用できます。

沼川河川プール

こちらも市が管理する河川プールです。上記2つの河川プールとは少し離れた場所にあります。

個人的にここは穴場かなと思っています。

開設時期はまだ出ていませんでしたが去年は令和5年7月24日(月曜日)~令和5年8月31日(木曜日)から開設されていました。

  • 利用時間:9時30分 ~ 16時00分 まで
  • トイレ、更衣室、駐車場(40台)あり。

御手洗(おちょうず)の滝

上記の河川プールと同じにはなりますが。近くに滝が流れる場所があります。そこ近辺の川でも多くの方が水遊びを楽しんでいますので、お手水の滝をみて、河川プールを楽しむ流れもいいと思います。

自然の森・フィッシングリゾート

ここは沼川河川プールの真横にある施設になります。

  • 鯉釣り
  • ヤマメ釣り
  • エビ釣り
  • 持ち込みBBQ
  • ドッグラン
  • キャンプ場
  • アスレチック(無料)
  • 河川プール(無料)

無料の河川プールもあるので子供も大喜びの施設になります。

山田水辺公園

こちらはみやき町にある河川の公園になります。

アスレチック等はありませんが、川遊びを楽しめる公園になります。

シャワー、トイレがあり、無料の駐車場もあります。

昼になると大変混み合いますので午前中に行くことをおすすめします。

鳥栖・三養基地区。プール・水遊び情報。混雑状況やアクセスについてご紹介します。まとめ。

いかがでしたか?今回は佐賀県の鳥栖・三養基地区のプールや水遊びの情報をご紹介しました。

暑い夏に無料で楽しめる川遊びはありがたいですね。

しかし、川遊びは危険もありますので(もちろんプールもですが)、保護者の方は時に気をつけてお子さんを見ていてくださいね。