おでかけ

福岡市動物園にやっとゾウが。動物園にやってくる日は?いつ?2024年春

*当サイトはプロモーション広告が含まれています。

福岡市動物園は2017年にゾウの花子が死んで、今現在まで、ゾウが不在です。大牟田市動物園も同じく現在不在のため、ゾウを見たい場合は北九州や、熊本動物園、大分のアフリカンサファリまで行かなくてはならず、なかなか見る機会がありませんでした。

しかし、今年にゾウがやってくるというニュースが入り大興奮。やっと待ちに待ったゾウに会えます。

ここでは福岡市動物園にやってくるゾウについてお話ししていきます。

Haru

子供も大好きなゾウ。特に福岡市動物園はいろんなところがリニューアルされているため、施設自体が綺麗でおすすめスポットとなっています。

福岡市動物園ってどこ?アクセスは?

まずは福岡市動物園についてお話しします。

https://zoo.city.fukuoka.lg.jp/general/#general03

福岡市動植物園は福岡県福岡市中央区南公園1−1にあり、市街地にとても近い場所にあるので、観光客も多く、いつも賑わいを見せている動植物園になります。

車で行ける他、地下鉄やバスでアクセスできるのでとても場所がいいです。

Haru

駐車場の台数はたくさん停められますが、駐車場はすぐ埋まりますので朝早めに行くか、公共交通機関がおすすめ!

ポイント

  • [料金] 大人600円、高校生300円、中学生以下・市内に住む65歳以上は無料 
  • [開館時間] 午前9時から午後5時時(入園は午後4時30分まで) 
  • [休館日] 月曜日(祝休日の場合は翌平日)

ゾウの受け入れについて。

いつやってくるの?

福岡市は今年春に姉妹都市のミャンマー・ヤンゴン市からオス1頭とメス3頭、あわせて4頭のアジアゾウを受け入れることを明らかにしました。

本当であれば、ミャンマー政府と覚書きを結び2022春にアジアゾウを受け入れる予定でしたが、新型コロナやクーデターの影響で延期されていました。

まだ詳しい日時は決まっていませんが、2024年3月目処についにやってくるようです。SNSでは待ちきれない投稿がたくさん溢れています。

(下のX(エックス)の動画投稿を見ると、RKBラジオさんが6月頃にと書いています。市や園は正式発表をしていませんが3月でなく6月の可能性も出てきました。)

立派なゾウ舎にやっとゾウが!さらにデッキまで。

福岡市動植物園にそれはそれは立派なゾウ舎が2011年に完成しています。しかし、6年後の2017年にアジアゾウのはな子が死んでから現在までゾウ舎にゾウは7年間0のまま。

立派すぎる施設だっただけあって、動植物園にいつも行った際はなんだか空っぽのゾウ舎をみて心が傷んだものです。

しかし、今回の受け入れによって、立派なゾウ舎の隣に、さらに園内を一望できるデッキを備えた展望休憩施設「ヤンゴン館」をオープン!

1階からゾウを間近に見ることができるほか、パネル展示を通して、ゾウの生態やミャンマーの文化、市とヤンゴン市の交流事業等を知ることができます。

ゾウだけじゃない!?福岡市動植物園の魅力。

ゾウはもちろん楽しみですが、リニューアルされたのはゾウ舎だけでなく、いろんなところが完成しています。

私のおすすめの動物たちをご紹介していきますね。

ペンギン

ここのペンギンの水槽は本当に綺麗で圧巻です。2022年1月にオープンしたばかりのエリアです。

ペンギンが水槽の奥深くまで潜っている様子、そしてそのスピードを見ることができます。

是非ここは行っていただきたいです。

カワウソ

ここのカワウソは何回もニュースに載っている人気者。

本当に可愛いコツメカワウソで、子供も夢中で観察しています。室内にあるので天気も気にしなくていいのでゆっくりと楽しむことができます。

サル山

ここのサル山はとにかく広くていろんな角度からお猿さんを見ることができます。

ちょっと奥になるので気づかない人もいるようで。。!?

ぜひ行ってみてくださいね。

夜の動物園も迫力がありますよ。

夏になると福岡市動物園では夜の動物園を開催しています。夜行性の動物の姿や、眠っている姿なんかも見ることができて新しい発見が見つかります。

夏に開催しているので是非お立ち寄りいただきたいです。

まとめ。

福岡市動物園に数年ぶりにゾウがくるということで、福岡ではソワソワしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

3月になり、今か今かと待ち望んでいます。

ミャンマーからきた4頭のゾウさんが、ストレスなく福岡市動物園のゾウ舎に慣れてくれた時期に是非見に行こうかなと思います。

Haru

福岡のおすすめスポット、是非行ってみてください。